MEXICAN BASS CULTURE::: – Sonidos del Xibalbá vol.1

(35:30)

[ーSonidos del Xibalbáー]

 

Introduction

 

May this experience find yourselves comfortable and with an awesome audio system,
my name is Franco aka Diye Relax aka Riddim Echoes from Ecatepec, Estado de México.

I found myself now near the mountains of Katano in Kansai, between Nara, Kyoto and Osaka cities.
I’ve been hanging around here for almost two years, but before I was living in Mexico City, where I met a lot of musicians, djs and artists who share with me their creations, mindset and the lifestyle they setup around the bass music culture, which is actually very big and breaking the barriers by connecting with other people with the same perspectives from all around the world.

Here’s a very little bit of me experiencing Mexico City and the megalopolis: the large urban area surrounding the city, in which I was born, and grew up in. This megalopolis was a magnificent location for new artists hungry for spaces where they could express themselves through the vibrations of the sound systems in parties, clubs, houses, apartment buildings, streets and other spaces which were used for the art of sharing music to everyone.

This format was shaped as a storytelling featuring recordings from a car trip in Ecatepec, México, the place were I was born, raised and the place that influenced my musical perception since I was a little kid.

 

The radio recordings happened nearby the mountain, so it accented the very low quality of AM radio signals, sometimes creating a perpetual noise that I wanted to capture, since this place has very poor reception for both radio and tv signals. Every since I was a kid, I could hear all kinds of music by my surroundings because, unlike Japan, in Mexico you can play music loud with nobody complains about being noisy. I think that’s the way many of the songs and culture are transmitted in Mexico City, in public spaces. Even the drivers of public transportation in Mexico like to have big audio systems in the units, where they spend most of the day. Music has been a way to keep up with everyday activities, and as for the weekend, music became part of the modern rituals that have existed maybe before Mexico was a country. It’s into us, it’s in our blood, in our brains, in our nervous systems. This way of being and feeling, has evolved and changed through time, and that’s what makes it interesting. Music from all over the world have come to Mexico and Mexicans love it, enjoy it, dance it all night long until the sun rises up again.

 

This is a trip I did at night, when the summer nights are hot and there are so much things happening on the streets such as parties, crimes, passionate encounters with art and culture. This is a homage to the music that belongs to my friends and family. Evolving sounds followed by the most ancient desires: the rituals of enjoying ourselves through dance and movement in a constantly changing community.

 

-dialogue-

 

  • Take this cool cigarette, you will remember me, careful on your way back. You were driving awful, I’ll tell you because you’re my friend.
  • HAHAHA, sorry bro, I’d rather be home listening music.
  • Do you want to step in for a while?
  • No, man, im good.
  • From the heart
  • I’m good, from the heart.
  • Ok, I’ll open the gate

 

  • Car starts speeding and rolls up the window.

I’m starting tuning AM Radio (which is the oldest version of the FM radio.

 


1:45

First song is Chambacú was caught on AM radio station. This famous cumbia song from Cartagena, Colombia is very well known song in Mexico, you can hear it everywhere in the streets, flea markets and old neighborhoods in all over the country.

 

Second song blends
El zapato (versión rebajada)

 

This song reminds me of the old sonidero parties back in the 90’s when I was a kid. This culture is been a round for too long, big audio speakers and cumbia rebajada (rebajada is referred as the slowed versions). This style went popular by old school sonideros from Peñon de los Baños in Mexico City and the Colonia Independencia in Monterrey, at the north side of the country. This parties were particularly loud, very loud, specially on the bass sections. The sonidero culture also, like jamaican, started from the guettos. This places where people go dancing and ask for props and greetings over the guy at the microphone. This culture enforces the people, not the industry and has been in resistance for more than 50 years.

 

10:13

 

Radio blending with the Audio of “La qué buena…” a tropical radio channel. Switching again between radios stations, you can hear música ranchera.

 

10:30

 

Diye Relax version of a “banda” song, the influence of this music turned into an experimental sequence using only a dj mixer with looper. This song almost make the same rhythm as the Paso Doble, a Oaxaca music style where all people in parties and ceremonies, dance. Oaxaca has a large tradition of musicians having big bands, playing a large number of brass instruments to create a sound unique.

 

 13:14
Kiotte – Tumba

 

We are keeping on the banda rhythms with this track with is a mix between banda brass instruments and the contemporary bass music and 8 bit. The artist is KIOTTE, which name is referred to the flower of the agave, sometimes the flower is more than 3m high and people in Mexico cooks it and prepare a candy with it. Kiotte also runs the label Frente Pulquero, which have created a community of musicians and performers from all styles in Tula.

 

18:11
Lukro x El Pseudo – Mi chiquita

 

El pseudo y Lukro realizan una combinación para crear este track que es ejemplo del latin bass contemporáneo. El pseudo es uno de los artistas más activos del underground mexicano mientras que Lukro, originario de Perú y viviendo actualmente en CDMX, es fundador de la disquera Matraka Net Label.

Estos dos son parte de la escena de México

 

21:05
Tepache – Barro Negro

 

This track is part of the compilation Tixfani. Tixfani is a word in the traditional Otomí language in Mexico that refers to the feeling of being drunk. In the older Mexican tradition, when you were drunk, it was said that you were possessed by 400 rabbits, this rabbits were considered gods so it was not permitted to laugh or criticize drunk people. The artist Tepache is part of the Frente Pulquero label, which is really important because they are trying to decentralize the creative flow from only the big cities in Mexico, making an important cultural homage to the roots of the Valle del Mezquital, an indigenous region very abandoned in poverty. My grandfather is from this same region, in the town of Boxaxni, a very dry land where you only can see cactus and dust. This music shows a bit of the evolution and cultural spread along young artists.

 

23:27
Deeplinkin x jags – Veneno

 

Veneno(Poison) is the name of the track of Deeplinkin and Jags, two dos and producers from Mexico City. Deeplinkin is well known for running 140-160 bpm parties with her partner Vinilmotion. They are running the BLDS label, releasing dj mixes from artists all over the world. This wild parties are now taking part both in the border of United States and Mexico City. Jags is a dj from Nezahualcoyotl, Estado de México, well known in the Mexican bass scene with solo works and collaborations with a number of artists.

 

29:19
Regal 86 – LA BOMBA (GABBER EDIT)

 

Regal 86 has been for a while in the music scene, I remember his first releases doing more like downtempo and pitched down gang rap, following the school of Dj Screw. His most recent releases have been towards jungle and hardcore. This track is unique in his discography, mixing gabber music with hip hop all sang in Spanish.

 

34:05

 

Back to the AM radio stations.

 

 

「メキシカン・ベースカルチャー」


Sonidos del Xibalbá vol.1 by franco.

 

はじめに

 

はじめまして。私の名前はFranco aka Diye Relax aka Riddim Echoes from Ecatepec, Estado de Méxicoです。

ふと気がつけばメキシコを離れ、奈良と京都と大阪の間にある関西の交野の山沿いに住んでいます。
ここ日本で多くのミュージシャンやDJ、アーティストと出会い、彼らのクリエイションや考え方、ベースミュージックカルチャーを中心としたライフスタイルを共有することができました。

ここでは、私が生まれ育ったメキシコシティとその周辺のメガロポリスをほんの少しご紹介します。このメガロポリスは、パーティー、クラブ、家、アパート、通りなど、音楽をみんなと共有する芸術のための空間のサウンドシステムの振動を通して、自分を表現できる空間を求める新しいアーティストにとって、素晴らしい場所です。

またこの録音は、私が生まれ育ち、幼い頃から私の音楽的知覚に影響を与えた場所であるメキシコのエカテペックでの車中での録音をフィーチャーしたストーリーテリングとして形作られています。
ラジオ録音は山の近くで行われたので、AMラジオの信号の質の低さが強調され、時にはラジオやテレビの信号の受信状態が非常に悪いこの場所でのラジオノイズも含めて録音しました。

 

メキシコは日本と違って、大音量で音楽を鳴らしてもうるさいと言われないので、子供の頃から周囲からいろいろな音楽が聞こえてきました。メキシコシティでは、公共の場で歌や文化がたくさん伝わっているのだと思います。メキシコの公共交通機関の運転手も、一日の大半を過ごすユニット内に大きなオーディオシステムを好んで置いています。

音楽は日常の活動を維持するための手段であり、週末にはメキシコが国である前から存在していたかもしれない現代の儀式の一部として音楽が使われるようになりました。
音楽は私たちの中にあり、血液の中にあり、脳の中にあり、神経系統の中にあるのです。
このような存在と感じ方は昔からありながら、時代とともに進化し、変化してきたものであり、それが面白いところです。メキシコには世界中から音楽が集まり、メキシコ人はそれを愛し、楽しみ、太陽が再び昇るまで一晩中踊り続けます。

これは、夏の夜が暑くて、パーティーや犯罪、芸術や文化との情熱的な出会いなど、様々なことがストリートで起こっているときに行った旅です。これは、私の友人や家族のものである音楽へのオマージュです。常に変化するコミュニティの中で、ダンスやムーブメントを通して自分自身を楽しむという儀式です。

 

-ダイアログ-

 

このタバコを吸えば、私のことを思い出せるよ、帰り道は気をつけてね。君の運転はひどかったね、友達だから教えてあげるよ。
HAHAHA、悪いな兄弟、家で音楽聴いてる方がいいんだ。
ちょっと寄っていくか?
いや、いいや。
心から
俺はいいよ、心から。
OK、ゲートを開けるよ

 

車はスピードを出し、窓を開ける。
AMラジオのチューニングを始める

 

1:45

AMラジオからChambacúが流れてきた。コロンビアのカルタヘナで生まれたこの有名なクンビアは、メキシコではとても有名な曲で、メキシコ中の路上や蚤の市、古い町並みの至る所で耳にすることができます。

 

2曲目のブレンド
エル・サパト(リバハダバージョン)

 

この曲は、僕が子供の頃、90年代のソニデロ・パーティーを思い出させる。この文化は、長い間、大きなオーディオスピーカーとクンビア・レバハダ(レバハダはスローバージョンと呼ばれる)の丸いものだった。このスタイルは、メキシコシティのペニョン・デ・ロス・バニョスや、メキシコ北部のモンテレイにあるコロニア・インデペンデンシアのオールドスクールのソニデロによって広まりました。このパーティーは、特に低音部の音量が大きく、非常にうるさかった。ソニデロ文化もジャマイカと同様、ゲットーから始まりました。これは、人々が踊りに行き、マイクを持った男に小道具や挨拶を求める場所です。この文化は、コマーシャルな業界向けではなく、人々に力を与えるもので、ゲットーからの抵抗は50年以上続いています。

 

10:13

 

南国のラジオチャンネル “La qué buena… “の音声とブレンドされるラジオ。再びラジオ局を切り替えると、ランチェラ音楽が聞こえてくる。

 

10:30

 

BANDAのDiye Relaxバージョン。この曲は、オアハカの音楽で、パーティやセレモニーで皆が踊るパソドブレとほぼ同じリズムを刻んでいる。オアハカの音楽は、伝統的にビッグバンドが多く、金管楽器を多用したユニークなサウンドが特徴。

 

13:14
キオッテ – トゥンバ

 

バンダのリズムを踏襲しつつ、バンダの金管楽器と現代のベースミュージック、8bitをミックスしたトラックです。アーティスト名のKIOTTEはリュウゼツランの花にちなんでおり、メキシコではこの花を料理したり、お菓子を作ったりします。また、KIOTTEはFrente Pulqueroというレーベルを運営しており、トゥーラに様々なスタイルのミュージシャンやパフォーマーのコミュニティを作り上げている。

 

18:11
Lukro x El Pseudo – Mi chiquita(ミ・チキータ)

 

El PseudoLukroは、コンテンポラリーなラテンベースの例となるこのトラックを制作するためにコンビネーションを実現した。El pseudoはメキシコのアンダーグラウンドで最も活動的なアーティストであり、Lukroはペルー出身で現在はCDMXに住んでおり、Matraka Net Labelというレーベルの出資者である。
この2人はメキシコの音楽シーンで活躍している。

 

21:05
Tepache – Barro Negro

 

この曲はコンピレーション「Tixfani」に収録されている。Tixfaniとは、メキシコの伝統的な言語Otomíの言葉で、酔っている時の感覚を指す言葉である。メキシコの古い伝統では、酔うと400匹のウサギが憑いていると言われ、このウサギは神とされていたので、酔った人を笑ったり批判したりすることは許されなかったのだそうです。
テパチェというアーティストは、Frente Pulqueroというレーベルに所属しています。彼らは、メキシコの大都市だけからクリエイティブな流れを分散させ、Valle del Mezquitalという貧困で非常に見捨てられた先住民族の地域のルーツへの重要な文化的オマージュを作ろうとしているので、とても重要な存在です。私の祖父はこの地域のボクサクスニという町の出身で、そこはサボテンと砂埃しか見えないような非常に乾燥した土地です。この音楽には、若いアーティストたちの進化と文化の広がりの一端を見ることができます。

 

23:27
Deeplinkin x jags – Veneno

 

Poison(veneno)は、DeeplinkinJagsというメキシコシティ出身の2人のプロデューサーのトラック名です。Deeplinkinは、パートナーのVinilmotionと共に140-160bpmのパーティーを運営していることで知られています。彼らはBLDSレーベルを運営し、世界中のアーティストのDJミックスをリリースしている。このワイルドなパーティーは、現在アメリカとメキシコシティの国境付近で開催されている。JagsはメキシコのNezahualcoyotl出身のDJで、ソロ活動や多くのアーティストとのコラボレーションでメキシコのベースシーンではよく知られている。

 

29:19
リーガル86 – LA BOMBA (GABBER EDIT)

 

Regal 86は長い間音楽シーンに身を置いているが、彼の最初のリリースはDj Screwの流れを汲むダウンテンポでピッチの低いギャングラップのようなものだったように記憶している。最近のリリースはジャングルやハードコアを意識したものになっている。このトラックは彼のディスコグラフィーの中でもユニークなもので、ガバーミュージックとヒップホップをミックスし、全てスペイン語で歌っている。

 

34:05

AMラジオ局へ戻る。

 

 

 

Franco as DIYE RELAX

mix, texts

COMMENT AREA

be nice to everyone

Leave a Reply