惑星共鳴装置-UNIVERSAL MODULATOR 2016

(18:04)

ANTIBO CHANNEL

2016/10月 @ 東京都庭園美術館

作品ノート ”この惑星の自然環境が激動の時代に突入したことは、人間社会においても様々な境界が更に交錯し衝突を激化することを意味している。この壮大な破壊が意味しているのは、私たち自身が新しい身体性を会得し、この惑星、もしくは宇宙的時間との関係性を更新する、創造と進化の時間でもあるだろう。深いカオスに取り囲まれた箱庭のようなこの舞台、それは原初の時代から私たちが受け継いできた宇宙的交信の場では無いだろうか?”

 

 

Oct. 2016 @ Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

“The fact that the natural environment of this planet has entered a period of upheaval means that the various boundaries of human society will further intersect and intensify the conflict. The implications of this epic destruction will be a time of creation and evolution, a time for us to acquire a new physicality and renew our relationship with the planet and cosmic time. Isn’t this garden-variety stage, surrounded by deep chaos, a place of cosmic communication that we have inherited since the primordial times?”

 

 

音楽/出演:

カジワラトシオ  

振付/出演:

東野祥子

美術:

OLEO  

映像:

斉藤洋平 (Rokapenis)

特殊装置:

関口大和  

照明 :

筆谷亮也  

即興演奏:

YPY、波多野敦子、JON(犬)

自家発電ポールダンス:

MEGANE  

サウンドパフォーマンス:

夏の大△  

ゲスト演奏:

Oct 1st: MTR(CARRE)Oct 2nd: 和田晋侍 (巨人ゆえにデカい)、Cal Lyal

出演:

ケンジル・ビエン、吉川千恵、矢島みなみ、JON(犬)、石橋源士、 もっしゅ、加藤律、FANACO、みなみりょうへい、齋斉藤成美、田路紅瑠美、尾身美苗、松木萌、菊池航、李真由子、田辺舞

美術スタッフ:

ヤノタカオ、倉持佑二、西村立志、moriken、新井嘉宏

太陽光発電システム:

RA -Energy Design-  

音響:

ナパーム片岡 (Forestlimit)  

記録:

naoeikka, Bozzo, Fuzzy, アライヨシヒロ

宣伝美術:

浮舌大輔  

レイアウト:

関根日名子  

Special Thanks:

Black Sheep, Mizuki

主催:

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館

企画・制作:

ANTIBO HQ

COMMENT AREA

be nice to everyone

Leave a Reply